FLORIDA 徒然記 → 気がつけば @ アメリカ ~ ★
アメリカ南部、フロリダに移住して、はや15年めに突入!”Made in Japan”の独断と偏見にみちた独り言をお届けします。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

サンタはサタンか????
2006年 12月 20日 (水) 00:01 | 編集
アメリカ南部では、宗教、それも、キリスト教に深くのめりこんでいる家庭が多い話はハロウィーンの時も少しお話しましたが、今回は、こういう方々が、この時期にサンタクロースに対してどのような見方をしているのか書いて見ましょう。



例1

クリスマスとは、キリスト教の救世主のイエス・キリストの誕生を祝うものであり、キリスト教信者にとっては、特別で大切なお祝いである。

しかし、巷ではその本当の意味よりも、やれ、「サンタが来る」とか、「私はプレゼントには何が欲しい」とか、「美味しいものを食べてお酒を飲むパーティのようなもの」にしか見られておらず、商業的な意味でしかとらえられていない者が多い。

そもそも、S-A-N-T-A(サンタ)も、スペルを並び替えれば、S-A-T-A-N(悪魔)になる。

だからますます子供達は、サンタと彼のもたらすプレゼントに夢中になるばかりで、まったく、主、イエス様の誕生の意味なんて、考えないのだ。

サンタの存在は、子供達を惑わすために仕掛けられた、悪魔の罠である。

だから、子供達にサンタがいると信じこませるのは、止めたほうが良い。



例2

サンタは実際には存在しないのに、それが存在すると子供に言って信じさせるのは、子供相手に嘘をついて信じ込ませているのと同じだ。

日ごろは、子供に嘘をつかないようにと言っているのに、それに反するような言動を自分からするのは、真のクリスチャンとして、よくない。



まじめにこういうことを考えている信者もいるわけで。。。。

たしかに、どちらの考え方も一理ある。アメリカの最近のクリスマスの祝い方はあまりにも商業化しすぎて、私も賛成できないところもあるんだけど。。。

でもね、子供って、そもそも、夢を食べて育っているようなものではないでしょうか???

子供の時じゃないと、信じられないものとか、あると思うし。。。
大人の目からは見えない者っていると思うんだけど。。。


もちろん、もうすぐ12歳になる娘には、サンタはいないということは、
とっくにバレてます。

たしか、あれは、娘が10歳くらいだったか。ある日、学校から帰ってきた娘が、興奮したように、言いました。

「ママ、サンタさんって実はいないんだよ、知ってったっっ????」

もちろん、サンタがいないなんてことは、私はとっくに知っていましたが、毎年、サンタの存在にはそれは、時間をかけてきたわけですよ。(こりゃ、私。サンタは実は、ちょっと太目の中年の日本人女性???)

クリスマスの晩には、ちゃんと娘と一緒に、疲れたサンタさんを励ますように、クッキーとミルクも置いておいたし。。。(そのクッキーを食べたのは、私ですが、それがなにか??)

サンタさんのそりを引っ張るトナカイさんには、ちゃんと、その餌を庭にまいておいた。。。(これは、きっと、アライグマに食べられた。)

そして、煙突もない我が家にどうやってやって入ってくるのかは解りませんが、それでも、毎年、サンタはちゃんとやってきて、彼のためスペシャルに置かれたクッキーを食べて、その歯型の残った半分のクッキーはクリスマスの朝に残されているでは、ありませんか。。。。(もちろん、私の歯型だけど)

ここまで、存在の証拠がありながら、なぜに、ウチの子は、サンタはいないと突然、言い出すのか????

「クラスのお友達はね、みーんな(ここが、やけに強調されている)、サンタなんていないって言うんだよ。」

あら、そう。お友達のことは信じられても、お母さんの言うことは信じられないのね。娘もそういう年頃なわけだ。。。。

あぁ、これで、サンタの不存を隠さないでもよいという安堵と、サンタが存在しないということを知った今、これで、子供という一幕に彼女もピリオドを打ったんだなぁ、という複雑な淋しさ。

子供の成長を喜びながら、あぁ、もう、自分の赤ちゃんは、赤ちゃんではないのだという哀しさ。

親心というのは、なんとも、複雑。。。。




サンタを信じるか、信じないかは、それぞれの家庭の判断にお任せしますが、NORADでは、サンタの追跡がクリスマスの晩にできますよ。時差の関係で、アジアの方からサンタがやってくるのが、わかります。

http://www.noradsanta.org/index.php
norad.jpg

03_0.jpg




こちらは、いわゆる、「Cop」のパロディ。

飲酒運転のサンタさんが、警察に捕まってしまうというやつ。おまけに、トランクに隠されていたものは。。。




やっぱり、サンタはサタンか????

では、皆さん、よいクリスマスを!!!

スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

Comment
この記事へのコメント
お嬢さんがサンタの存在について真実を知ってしまった時の複雑な心境、よくわかります。ウチの娘はまだ信じていますが、逆に彼女が真実を知ってしまったときに受けるであろうショックを考えるとちょっとかわいそうな気も・・・。
でも「子供のときじゃないと信じられないもの」って、確かにありますよね。だからやっぱり、娘が信じているうちは その気持ちを大事にしてあげようかな。
「COP」のパロディ、笑えました。でも、それこそとても子供には見せられません(笑)
2006/ 12/ 20 (水) 01: 41: 59 | URL | Katie # -[ 編集 ]
サンタは買い物好き、
こちらのクリスマスショッピングは、すごいですもんね。
子供達も、サンタにいっぱい願い事して、おもちゃ獲得に必死で、驚きました。
クリスマスプレゼントは、サンタからは一つだと思ってたのに、リクエストに全部答えるんですね。
ほんとに商業ベースに乗せられてる感じで、信心深い人は、辟易してるかもしれませんよね。
2006/ 12/ 20 (水) 02: 03: 07 | URL | Salie # -[ 編集 ]
確かにアメリカ人のプレゼントにかけるお金と意気込みは大したものですね。うまく乗せられているのが分かっていてもプレゼントなしというのもね。
うちの子はまだサンタを信じてる(ふり?)ようです。子供のときはサンタを信じてていいよね。だって夢があるじゃないですか。どうせ大人になって厳しい現実を知るのだし。サンタにクッキー焼いたりクリスマスは楽しいからうちはクリスチャンでもないのに毎年この時期は楽しみます。
でも、真面目なクリスチャンの方々がそのように思われるのも分かる気がします。
バレンタインなんて完全にチョコレート業界の思うつぼだしね(笑)。
うちでクッキーを食べるのは主人の役目です。夢をこわさないようにするのに親も大変だけど、こういうの楽しいよね。
時差が理解できれば、どうしてサンタが一夜でプレゼントを世界中の子供たちに配れるか変に納得してしまいます。
うちも煙突ないのによくプレゼントが毎年届けられるよね(笑)。

2006/ 12/ 20 (水) 02: 49: 39 | URL | ゆかり # -[ 編集 ]
懐かしいですね。しかしこどもにサンタがいると思い込ますのはうそをついているなんて、、、悲しい考え方ですね。私は子供の時に信じていて良かったですね。朝起きて枕元にサンタからのプレゼントがあるのはとってもうれしかったです。cha chaさんが考えるように子供は夢を食べてこそですね。
2006/ 12/ 20 (水) 03: 40: 06 | URL | leaf child # -[ 編集 ]
Katieさんへ
そうですね、子供っていうのは、こういう夢のあることを言っているうちがハナですよ。。。

ウチのは、最近、随分、生意気なことをいうようになって、ほんと、小さいときにはあんなかわいいこと言っていたのが懐かしいわー、って感じです。

まぁ、いつまでも、子供でおいておけるわけでもないし、成長してくれるのは、ありがたいわけですが。。。

お互い、子供が子供なりでいるままを、大切にしたいですね。
2006/ 12/ 20 (水) 08: 06: 31 | URL | Katieさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
Wakakoさんへ
オーストリアでは、サンタさんではないんですね。やっぱり、お国柄、違うのよね。

そうか、中世的なプリンスって、私も見てみたいですよー。おまけに、プレゼントくれるなら、ますます。。。。(爆笑)

よい、クリスマス、お迎えください。寒いから、身体に気、つけや。。。
2006/ 12/ 20 (水) 08: 09: 48 | URL | Wakakoさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
Salieさんへ
ウチでは、一応、サンタへの手紙とか書かせて、リストを作成。

もちろん、ペットとか、絶対、賛成できないから、(でも、これ、いつもあがるのよね)、一応、書かせておくけど、ほかにも、私達があげてもよいようなものも提案して、リストにあげておくのよ。(ははは、子供、操るのうまいよね、私。)

だから、そのリストの中から、いくつかって感じ。

もちろん、サンタを信じていない、ウチの娘は、最近では、はっきり、これ、欲しいって前もって言ってきますけど。。。

でも、今年は、何にも、言ってこなかったわ。。もう、何でもいいからって感じ。
2006/ 12/ 20 (水) 08: 13: 38 | URL | Salieさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
ゆかりさんへ
ははは、やっぱり、煙突もないのにどうやってやってくるのか????一番大きな疑問ですよね。

そうか、そちらはまだ、サンタさん、信じているのね。同い年でも、男の子は、そうかもね。女の子は、どうも、おませだから、ウチのは、生意気です。ちょっと、頭にくることも、しばしば。。。

信じている間は、信じさせておいたほうが、いいよー。
2006/ 12/ 20 (水) 08: 16: 28 | URL | ゆかりさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
leaf.childさんへ
そうそう、日本だと、絶対、枕元でしょ。。。ウチもそうだった。。。あのクリスマスの朝に、そーっと、布団から手をだして、枕元さぐって、プレゼント、あるかなぁーと、どきどきしたのが、忘れられないよ。

初めてアメリカのクリスマスを経験したとき、ダンナから、プレゼントはツリーの下におくんだよって、教えられてびっくりしたよー。

日本と、アメリカの違いだな。。。あれ、でも、サンタさんからのプレゼントは、ツリーの下におかないほうがいいよね。ウチでは、堂々とおいてあるけど。。。

昔、娘がクリスマスの前に、どうしてサンタさんからのプレゼントがツリーの下にあるわけって、聞いたよ。。。

私の答えは、サンタも最近はFED XやUPSを使って、ノースポールから先送りしてくれるんだよって感じだったけど、あれこそ、真っ赤なウソだな。。。とホホ。
2006/ 12/ 20 (水) 08: 23: 36 | URL | leaf.childさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
cha cha さん、実はウチも・・・
同じ経験をしてるの・・・

クリスマスのブログに載せるつもりでサンタさんに毎年用意したクッキーの事下書きが済んでるんですよ~。

クリスマスの早朝、娘達の起きる前にこっそりクラムだけ残してお皿を元の位置に戻して・・・

そんな苦労してるのに、下の娘ったら、「私が親になったらそんなウソは子供にはつかないワ」と私に言うんですよ~。

cha cha さんのお宅でも・・・クスクスと笑っちゃった。 失礼!
2006/ 12/ 20 (水) 11: 39: 07 | URL | 梓の小鳥 # WARxrlg2[ 編集 ]
梓の小鳥さんへ
あ、やはり、そちらでも、サンタさんへのクッキー、やってました???これは、アメリカはどこでも、やるのかしら???

実は、ウチにはそれ用のお皿とマグカップまであったりして、結構、がんばっていたんだけどさ。。。

今年は、娘、前夫の母親のところでクリスマスだから、一緒にできないんだけど。。。でも、前もってプレゼントはあけさせないから、家にかえってくる、暮あたりに、彼女のプレゼント、あけさせようと思って。。。

これって、クリスマスの朝、2度経験できるみたいでよいという考えもあるんだけどね。。
2006/ 12/ 20 (水) 12: 00: 17 | URL | 梓の小鳥さんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
サンタの追跡、面白いですねぇ。

うちはまだまだサンタは信じてます。Satan....何か危ない新興宗教の勧誘の脅し文句みたいですね。。

チビはツリーの下にサンタに食べてもらおうとスパムむすびを置いておくって言ってます。自分で作るそうですよ。
2006/ 12/ 21 (木) 02: 23: 48 | URL | ちゅらぴ # -[ 編集 ]
ちゅらぴさんへ
えー、スパムむすびをサンタにね。これは、新種。。。。

でもさ、どこのウチにいっても、サンタに残されているのは、クッキーだから、ちょっと変わったスパムむすびは、点が稼げるかもよ。。。

息子さん、頭いいねぇー。
2006/ 12/ 21 (木) 03: 46: 11 | URL | ちゅらぴさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
サタン・・・はちょっとすごい発想ですよね。
Cha chaさんもサンタさんのため、がんばられましたね。
スウェーデンではクッキーでなく、ミルク粥です。それも外に置いておくので凍ってしまうんですよねえ。
それから、クリスマスパーティの最中にサンタが登場するスウェーデンではもっとも多いパターンがパパが新聞を買いに出かけたすきにサンタがやってくるのです。
で、サンタが帰るとパパも帰ってきて、「ええ???サンタ、もう来たの??また今年も会えなかったなああ・・・・」と白々しく悔しがるわけです。爆笑ですよね!!!
うちの長男6歳、そろそろ気がついているような気がします。
実際に面と向かうのでごまかすのはむずかしいです。
2006/ 12/ 21 (木) 07: 35: 01 | URL | minako # -[ 編集 ]
このYoutubeのビデオ面白すぎ!
こういう良いイメージの浸透してるキャラクターが悪いことしてたりすると面白いのね。

私がサンタがいないと知ったのは。。。忘れもしない小学校2年生の時のことです。
かなりショックだったな。
今でもこれだけ覚えてるって事は、当時は世界観がくずれるくらいなショックだったんですよね。
娘さんももうサンタの真実をしるお年ごろってことでしょうかね。ちょっと寂しいような。。。ですね。

私は自分に子供が出来たら、やっぱり信じさせてあげたいな。。と思ってます。
2006/ 12/ 21 (木) 08: 25: 33 | URL | busuke # -[ 編集 ]
Minakoさんへ
えー、スウェーデンでは、ミルク粥ですかぁ。これはお勉強になったぞ。。。

それも、外においておくのね。そうよね、そっちは、寒いから、凍っちゃうわよね。。。
その凍ったお粥を食べなくちゃいけないサンタ、って。。。。

まぁ、気は心ですから。。。用意するほうも、食べるほうもね。(爆笑)

そうか、そうか、毎年、お父さんはサンタに会えないわけね。なんて言ったって、お父さんは、新聞を買いに出かけてるんですから。(爆笑)これじゃ、電話ボックスで着替えるスーパーマンみたいじゃないですかぁ。最高。。。。
2006/ 12/ 21 (木) 11: 26: 28 | URL | Minakoさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
Busukeさんへ
そうでしょ、いつまでも、子供だって思っていたら、ちゃんと毎年、成長してるのよね。ただ、ほら、毎日暮らしていると、そういう成長した部分があまり、目にはいらないというか。。。。

まぁ、いつまでも、子供だったら、かえってこまるじゃないかとも思うんだけど、やっぱり、いつまでも、自分の子供は子供なわけで。。。

そうそう、この悪いサンタさん、面白いよね。。。。そりも、じぶんのじゃなくて、妻のだとか、これって、よく、COPにでてくる言い訳。。。あと、白い粉も、イースターバニーのために預かっているだけだとか。。。こういう、言い訳の冗談が、ちょっとね。最高。
2006/ 12/ 21 (木) 11: 30: 18 | URL | Busukeさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
はじめまして
うちのブロぐへコメントありがとうございました。 サンタがサタンとはうまいこと考えますね。 確かに動物操って一晩で世界中の空を飛ぶというのは尋常ではないかもしれません。

うちのチビ介(7歳)もまだサンタを信じ組みです。 どっかのCMじゃありませんが、フルにそのサンタ・パワーを使わせていただいております。 「ふにふに、言ってるとサンタが来んぞ!」 これが使えるのはあと何年でしょーか。 それまでフルに利用させていただきたいと思います。

こちらこそ、また来させていただきますね。
2006/ 12/ 22 (金) 05: 54: 47 | URL | すまいる # TwO4yE0Y[ 編集 ]
すまいるさんへ
わざわざ、コメント残していただいて、ありがとう。

そうだね、子供の小さいときは、そんな悪い子じゃ、サンタさんは来ないよなんて、脅してましたね。また、この脅しが、よく効く。。。というか、ほれほれ、今日は、娘がこんないいことをしてましたよって、サンタ伝言サービスなんていうのも、ウチにはありましたね。で、彼女、点を稼ぎたいから、お手伝い、よくしてくれたっけ。。。

もう、いまじゃ、だめです。何を言っても、だめ。プレティーンというのは、そんなものでしょうか。とホホ。

また、そちらにも、お邪魔しますよ。いつも、お話、楽しみにしてますから。
2006/ 12/ 22 (金) 06: 04: 06 | URL | すまいるさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
いったい子供はいつからサンタさんを信じなくなったのかしら?

chachaさんの子供の頃は、サンタさんをいつまで信じてました?

2006/ 12/ 23 (土) 21: 27: 57 | URL | yume # -[ 編集 ]
Yumeさんへ
そうねぇ、私が子供のころは、たし小学校のころは、サンタさん、信じていたような???さすがに中学校では、信じてなかったなぁ。

Yumeさんは、いつごろまで信じてた??
2006/ 12/ 24 (日) 03: 03: 51 | URL | Yumeさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
Merry Christmas!
Cha Chaさん、メリークリスマス!
楽しいクリスマスになりますように・・・!
2006/ 12/ 24 (日) 13: 39: 24 | URL | 暇人ひー # -[ 編集 ]
暇人ひーさんへ
4日ほど前から、娘が高熱に見舞われ、私は娘を連れて行った医者でヘンな菌をひろってきたのか、おなかの調子がわるいし、クリスマス直前、ばたばたしました。

今日は、少し、調子もよいです。

そちらも、よいクリスマスをお過ごしください。
2006/ 12/ 24 (日) 21: 05: 44 | URL | 暇人ひーさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
久しぶりに遊びに来てみたら、新しい記事がいっぱい。ちょっと得した気分のゆにくあです。

chachaさんのブログはいつも目の付け所が斬新で、いつ来ても楽しいよ。勉強になる♪

今日のサンタ=サタン説も妙に納得。べジテールのクリスマスエピソード観た事ある? あれも一所懸命になって「クリスマスの本当の意味」を教えようとしてたけど。

私もサンタクロースのこと、娘に聞かれて困っているよ。嘘はつきたくないけど、薄々おかしいなぁと思っている程度で、果たして暴露していいものか・・・悩む。しかも学校へ行って「うちのママが教えてくれたけど、サンタなんていないよ」なんてぶちまけられたら、他の親に恨まれそうで怖いってのもあるし(笑。
2006/ 12/ 27 (水) 17: 24: 23 | URL | ゆにくあ # jvxo8ILk[ 編集 ]
そうだね、6歳じゃ、まだ、サンタはいるぞ、って感じかもね。やっぱり、自分からは、サンタはいないっていえないよー。私だって、娘がほかの子から、聞いてこなかったら、いまだに、サンタのふりしてたと思うし。。。

というか、サンタがいてほしいと思うのは、実は私かな。(爆笑)
2006/ 12/ 29 (金) 10: 07: 27 | URL | Cha Cha # o7yZsQF6[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) FLORIDA 徒然記 → 気がつけば @ アメリカ ~ ★ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。