FLORIDA 徒然記 → 気がつけば @ アメリカ ~ ★
アメリカ南部、フロリダに移住して、はや15年めに突入!”Made in Japan”の独断と偏見にみちた独り言をお届けします。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

その時、ローザが席を立っていたら???
2007年 02月 21日 (水) 00:01 | 編集
「アンタみたいなアジア人はバスから降りろ。」

先のスクールバスでの口喧嘩の最中に、娘が喧嘩相手の女の子から言われたこと。

差別の言葉。娘には、殴ってやるといわれたより、この言葉のほうが痛かったようだ。

人種の坩堝であるアメリカは、差別に対して敏感な国だと思う。一見、表向きは差別なんてないと見えるかもしれない。

しかし、アメリカ南部の歴史あるこの小さい町では、陰ながら、日常に往々と差別がいまだ、まかりとおっているのも事実。

中学生にもなれば、そういった雰囲気もうすうす理解できる。

アメリカにせよ、日本にせよ、世界中どこだって、特定の人種を好まない人がいるのは同じである。

人種に対して一度形成されてしまった偏見を変えるのは容易なことではない。

かといって、どの人種に生まれるかは、自分で選択できるわけもない。

だから、大事なのは、そういった一部の人が自分を好まないことを悲観するのではなく、世の中には自分のことを好んで慕ってくれる多くの人がいるということを感謝することだと、娘に話した。

たとえば、娘の場合は、バスに乗っているほぼ全員が友達であるといっても過言ではない。

学校では、もっと多くの友達がいる。友達の名前だけでも10個以上出てくる。今日は、だれだれとランチをしたとか、日によっては洋服までマッチさせようと友達どうし相談したり、はては、ベルトやジーンスを友達から借りてきたり、ブレスレットをもらったとか、毎日、楽しそうである。

白人もいれば、黒人、ヒスパニック、アジア系、さらに、それらのミックス。

だから、自分のことを嫌いだという人がいるという、変えられない事実を変えようとするより、自分のことを慕ってくれる人を大切にするように、いわば、ネガティブなエネルギーをいかにポジティブに変えていくか、娘に話した。

さらに、私が驚いたのは、娘がバスを降りろといわれた時、「お前みたいな、ホワイティーこそ、バスからおりろ」と言い返した白人の子供も娘の周りにはかなりいたらしい。

このホワイティーという言葉は白人を意味する卑語であり、子供が簡単に口にすべき言葉ではないが、この喧嘩相手の女の子は実際に皮膚も青白く透けるほど白いので、いったい、その言葉を吐いた子が、卑語を意味したのか、あるいは、単に色白をけなす意味だったのかは疑問ではある。

娘の肩を持ってくれる子供が同じバスにいたことは感謝せずにはいられないが、差別に加担するような発言は、いかなる時にも控えるようにとだけは、助言しておいた。

おりしも、アメリカでは、2月は、Black History Month。

黒人たちのルーツを振り返り、公民権運動が社会的不平等時代に終止符を打ったことを祝い、黒人の歴史において偉大な努力をつくした成功者に敬意を表そう、という月である。

公民権運動の始まりといえば、1955年の12月1日、同時42歳のローザ パークスがアラバマ州で公営バスの運転手の命令に背いて白人に席を譲るのを拒み、人種分離法違反のかどで逮捕されている。

当時は店屋の入り口が白人用と有色人種用と分けられていたのが普通だったと聞く。

黒人生徒専用の学校があり、劇場では白人は一階の席に座れるが黒人は二階席に座らせられた。黒人は白人と同じレストランでは食べられなかった。その時代のことを話す人びとが、いまだにこの町にはいる。

"The only tired I was, was tired of giving in." (唯一、飽き飽きしていたのは、屈服するということである。)

あの日、あの時、ローザ パークスが座っていたあたりのバスの席にはローザを含めて黒人、4人が座っていたらしい。そのうち3人は、白人に席を譲っている。しかし、ローザは席を立たなかった。

あの時、ローザが他の3人の黒人のように席を立ち、白人に席を譲っていたら、現在の黒人および有色人種の立場はどうなっているだろうと考えずにはいられない。


rpmlkj.jpg

ローザ パークス。背景にはキング牧師。

スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

Comment
この記事へのコメント
やはり外国で暮らしているとどうしてもこういう場面に出会う事がありますね。
でも、差別に対するChaChaさんの考え方には同感です。
ドイツだってネガティブな面を見たらきりがないし、実際ネオナチに外国人が殴られる事件もあるし。
ネガティブなことだけを見るのは簡単だけれど、ポジティブな部分から自分がどれだけマイナス面に引っ張られずに自分自身を保てるか。これって難しいけれど、大切なことですね。
2007/ 02/ 20 (火) 16: 26: 02 | URL | busuke # -[ 編集 ]
Cha Chaさんこんにちわ!
ワタクシ勝手ながら、Cha Chaさんのブログを、お気に入りに加えさせていただきました。。ご了承いただければありがたいです!
不勉強ながら、ローザ パークスさんのことは知りませんでした。しかし、写真の彼女の、凛として美しいこと。
娘さんも、たくさんのお友達から愛されているんですね。いいお友達って、何よりの財産です!!!
こどもの年齢が上がってくると、それなりに心配事も形を変えてきますが、お友達に恵まれてると、何だか心強いですね♪
2007/ 02/ 20 (火) 17: 23: 42 | URL | りおん # 8iCOsRG2[ 編集 ]
Cha Chaさんが娘さんに話された“ネガティブなエネルギーをいかにポジティブに変えていくか”ということはとても大切なことだと思います。人生の中でネガティブにしか考えられないことは沢山ありますが、それに対処して行かなくてはなりません。そこで、自分がつぶされないように思考を変えなければなりません。
アメリカでは、人種に関することはとても敏感ですね。口には出さなくても心の中でまだまだ人種差別をしている人は多いと思います。ローザ・パークさんやキング牧師のような勇気と信念のある人々のお陰で現在があるわけだし、このBlack History Month は大変有意義です。
また子供達が人種差別的な言葉を発するのは全て家庭や友達またはメディア等の影響だと思っています。人種差別する親に育てられたら、その子も当然そうなります。友達がいつもそうだと自分もそうしないといけないかのように思うでしょう。
人種の坩堝のアメリカでは、特にこういう問題を考える機会が多くてとても勉強になります。
2007/ 02/ 21 (水) 03: 10: 36 | URL | ゆかりママ # -[ 編集 ]
busukeさんへ
>実際ネオナチに外国人が殴られる事件もあるし。。。。

うんうん、差別も行き過ぎると確かに、危ないね。アメリカでも、ネオナチの運動は盛んだし、近所の町でも、黒人の男性と付き合っているというだけで、事件に巻き込まれたケースがあったよ。身の危険だけには気をつけたい。

>ネガティブなことだけを見るのは簡単だけれど、ポジティブな部分から自分がどれだけマイナス面に引っ張られずに自分自身を保てるか。これって難しいけれど、大切なこと。

同感、同感、確かに外国に住んでいると、不自由さとか不満がたまってくるんだよね。でも、そればっかりじゃ、先に進めない。そこをいかに、ポジティブに変換していくかという開拓精神も大事だね。
2007/ 02/ 21 (水) 06: 50: 17 | URL | busukeさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
りおんさんへ
>ブログを、お気に入りに加えさせていただきました。

リンクしていただけるなんて、幸いです。こちらも、りおんさんのブログ、リンクしておきますからね。これからも、お話、楽しみにしてます。ありがとう。

>こどもの年齢が上がってくると、それなりに心配事も形を変えてきます。

まったくです。ウチのも、幼稚園にあがったのが昨日と思えば、すっかりプレティーン。来年はティーンの仲間入り。だんだん、親より、友達のつきあいが多くなりだしました。
私が一緒に行けない分、ますます、心配。

>いいお友達って、何よりの財産です!!!

同感、友達しだいで、子供の良し悪しも決まってくるしね、幸いにも娘はいまのところ、良いお友達ばかりです。

友達選びは、私が選んであげるわけにもいかず、ますます、心配だね。これで、ボーイフレンドとなったら、どうなるんだ。。。(爆笑)ま、私も今までに、随分、失敗もしてるし、それは、娘も失敗することもあるだろうけどね、やっぱ、間違ってもらいたくないのは、親心。。。

2007/ 02/ 21 (水) 06: 59: 32 | URL | りおんさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
ゆかりママさんへ
>人生の中でネガティブにしか考えられないことは沢山ありますが、それに対処して行かなくてはなりません。そこで、自分がつぶされないように思考を変えなければなりません。

まったく、同感です。そうでなくちゃ、人生、やっていけないですよね。転んだっていいんです、また、起き上がって歩きだせばと思います。

>アメリカでは、人種に関することはとても敏感ですね。口には出さなくても心の中でまだまだ人種差別をしている人は多いと思います。

同感。

>子供達が人種差別的な言葉を発するのは全て家庭や友達またはメディア等の影響

そうですね、家庭で他民族を受け入れないという姿勢があると、そこで育った子供もそういう物の見方になってしまうのかもしれないね。哀しいけど。
2007/ 02/ 21 (水) 07: 10: 50 | URL | ゆかりママさんへ # O0TbPppA[ 編集 ]
ローザ・パークスさんってつい最近なくなった方ですよね。
映画も見ました。綺麗な方だったんですね。今まで、お歳を召したローザさんしか見たことなかったのです。
私、ブラック・ミュージックが好きなので、アメリカの黒人の公民権運動とかにも興味があります。
>ネガティブなエネルギーをいかにポジティブに変えていくか、娘に話した。
こういう賢明な母親を持つChaChaさんの娘さんの将来、楽しみですね。
アメリカン・アイドルが始まります。またね~!
2007/ 02/ 21 (水) 20: 37: 33 | URL | 暇人ひー # -[ 編集 ]
強くならないと、
いろんな差別は、何処に行ってもありますもんね。
まさか自分が受けるとは!って感じで、最初は驚きとともに、相当のショックですが、慣れて強くならなくてはいけないって、思います。
毅然とした態度で、反対に差別してる人の、心の狭さを憐れむくらいの、度量のある人間になりたいもんです。
2007/ 02/ 22 (木) 02: 21: 17 | URL | salie # -[ 編集 ]
暇人ひーさんへ
>私、ブラック・ミュージックが好きなので、アメリカの黒人の公民権運動とかにも興味があります。

そうでした、スティービー ワンダーさんとか好きでしたよね。

>アメリカン・アイドルが始まります。

昨日、男子の2時間番組、見ましたよー。伸びそうな子もいれば、ちょっとあがっちゃってみたいな子もいましたね。毎回、アメリカンアイドルは楽しみで、以前は投票までしたくらいですので、今回も楽しみ。


2007/ 02/ 22 (木) 06: 04: 52 | URL | 暇人ひーさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
salieさんへ
>まさか自分が受けるとは!って感じで、最初は驚きとともに、相当のショックですが

そうですね。娘も今回は、ちょっとショックだったようです。

>慣れて強くならなくてはいけないって、思います。毅然とした態度で、反対に差別してる人の、心の狭さを憐れむくらいの、度量のある人間になりたいもんです。

同感、娘にも、相手の度量が足りないと思って、今回の経験をもとに、他人には同じ思いをさせてはいけないと話ました。


2007/ 02/ 22 (木) 06: 08: 20 | URL | salieさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
こっちの方、英語以外はしゃべるなって言う店が多くなってきたようです。。。
ちょっと離れた地域はアメリカ国旗と一緒なら外国の国旗を掲げていいとか言い出したし。

差別に関することは、あまり敏感じゃない地域ってありますよね(特に人種差別)、そういう地域の人は教えなきゃ気がつかない、だから風化させろ、あえて教育する必要はないっていう考えの人が多いけど、ほとんどが家庭や近い範囲での影響を受けちゃうと私も思ってます。

しゃべった事もないのに差別心があるっておおいし。。。。

私もポジティブな考えが出来るようになりたいですわ。絶対私だったらしばらくへこみます・・・
2007/ 02/ 22 (木) 07: 09: 36 | URL | ちゅらぴ # -[ 編集 ]
ちゅらぴさんへ
>こっちの方、英語以外はしゃべるなって言う店が多くなってきたようです。。。

こっちもそう。英語以外喋るなというか、英語以外、解ってもらえない。。。だから、サービスを受けたいなら、絶対、英語しゃべらなくっちゃって感じ。(笑)

>差別に関することは、あまり敏感じゃない地域ってありますよね(特に人種差別)、そういう地域の人は教えなきゃ気がつかない、だから風化させろ、あえて教育する必要はないっていう考えの人が多いけど、ほとんどが家庭や近い範囲での影響を受けちゃう

教えなきゃ気がつかないというのも、すごいね。なんとなく、この辺りも田舎だから、そういう感じ。

なんで、黒人なんかの歴史なんて学校で学ばさせるんだって怒っている白人の人たちと、いまだに黒人は昔、差別されてたんだから、白人はそのお返しをするべきと押す黒人グループと。。。どっちもどっち??
2007/ 02/ 22 (木) 07: 48: 07 | URL | ちゅらぴさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
似たような話は聞いたことがありましたが、歴史のお勉強になりました。 娘さんは良いお友達に囲まれてますね。
2007/ 02/ 22 (木) 10: 24: 24 | URL | leaf child # -[ 編集 ]
leaf childさんへ
>娘さんは良いお友達に囲まれてますね。

今日も、ベトナム人のお友達のところに遊びに行ってます。(笑)ほんと、友達は大切ですね。
2007/ 02/ 22 (木) 11: 09: 47 | URL | leaf childさんへ # sr.I2vP6[ 編集 ]
こんばんわ~。
何度かお邪魔したんですよね~、私。
一行一行、頷くだけ・・・で、コメントが上手く書けなかったの。
御免なさいね。

お嬢ちゃん、お幸せねぇ。
Cha Cha さんはイイお母さんだ! 改めて感心しちゃった!

Cha Cha さんの子育ての仕方、好きだなぁ。
とっても感動したブログでした、いつもそうだけど!!
2007/ 02/ 22 (木) 13: 02: 36 | URL | 梓の小鳥 # WARxrlg2[ 編集 ]
梓の小鳥さんへ
>一行一行、頷くだけ・・・で、コメントが上手く書けなかったの。

いえいえ、梓の小鳥さんのお話は、いつも情報量も多いし、実は時々、数回、行って読んでるのよ。だから、こちらも、最初に行ってコメント残さないこともしばしば。

でも、いつも、楽しみにしてるからね。
2007/ 02/ 22 (木) 13: 21: 18 | URL | 梓の小鳥さんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
えらい
差別する子もいれば、それに反対する子もいる。娘さんの周りに反対する子もいてよかったですね。 

ChaChaさんの言うとおり、ネガティブに受け取ってはいかんですね。進歩がない。 私はアジア人であっても、差別を意識してこの国に住んでないです。 直面してもです。 差別を意識しすぎて、自分たちを他の多種多様な社会から孤立させかねないから。 多くの黒人の心にはまだ強く根強いているのは仕方ないですが、それを逆手にとって生きていかないと、逆差別になってしまうと思うんです。 いつまでもすべての人種がまんべんなく交わって、同じ社会に生きていけない。 

昔はこんな考えをもてず、態度にも表せなかったですけどね。 
2007/ 02/ 23 (金) 04: 08: 29 | URL | すまいる # TwO4yE0Y[ 編集 ]
すまいるさんへ
>差別する子もいれば、それに反対する子もいる。娘さんの周りに反対する子もいてよかったですね。 

アメリカは自分の意見をはっきり言いやすい国なのか、子供も、悪いと思ったことは、はっきり言うのを恐れない。この間のイジメの件でも、そうでした。日本だと、とかく、そんなことを言って、自分も巻き込まれたらこまるという感じなんでしょうか、あまり弱い者の肩を持ちたがらない傾向があるようです。今回は、バスの中に、娘の見方をしてくれる子供がいてよかったです。

>私はアジア人であっても、差別を意識してこの国に住んでないです。 

同感、差別を意識するくらいなら、日本に住んでいる方が楽だしね。

>直面してもです。 差別を意識しすぎて、自分たちを他の多種多様な社会から孤立させかねないから。

そうそう、ある種の人種だけで孤立するという姿勢はよくないですよね。Heritageという意味で自分の人種や文化について深い思いを抱くというのはよいことですが、それが強すぎて、他の人種を受け入れないというのは考え物です。

>逆差別

アメリカでは、往々にして、ありますね。白人の方が、かえってMinorityではないかっていうのが。

>いつまでもすべての人種がまんべんなく交わって、同じ社会に生きていけない。 

こういう世界が来ることをお祈りしています。





2007/ 02/ 23 (金) 11: 13: 49 | URL | すまいるさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
アジア人だから、白人だからと区別するなんてまだまだ世界は小さいね。でもアメリカは日本の20年分は進んでるというからアメリカが変わらなきゃ後の国も同じ用になるだろうと思う、子供のためにすむ場所を変えることもできないしね、だから子供が自ら立ち上がらなくちゃいけない。娘さんえらいなぁっと感心するよ。こっちは都市ですごいいろんなアジア人いるけどそれでも差別はあるみたいよ、学校にいじめがあるみたいに。次世代がどんどん心を開いていけれるといいね。
2007/ 02/ 24 (土) 03: 42: 44 | URL | hotaru # -[ 編集 ]
hotaruさんへ
>アメリカは日本の20年分は進んでるというからアメリカが変わらなきゃ後の国も同じ用になるだろうと思う

うん、そうだね、アメリカは一応、表向きは差別に敏感みたいな姿勢はあるものね。

>子供のためにすむ場所を変えることもできないし

日本に行けばいったで、娘はきっとガイジン扱いされるんだろうな。という意味では、アメリカの方が、住みやすいかなと思うこともあるよ。

>こっちは都市ですごいいろんなアジア人いるけどそれでも差別はあるみたいよ

やっぱ、深いところには差別あるんだよね。ま、しょうがないかなぁ。差別ってわけでもないけど、嫌な人は嫌って人はいるしね。

>次世代がどんどん心を開いていけれるといいね。

そうだね、やっぱ、子供をどうやって育てるかにかかってくるのかなぁ。



2007/ 02/ 24 (土) 14: 08: 18 | URL | hotaruさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
Wakakoさんへ
>Chapelle Show

これは、結構、笑えます。

確かに、黒人同士で言ったら差別とならないけど、その同じ言葉を他の人種が黒人に対して使うと、差別の赤旗があがる言葉というのは、ありますね。

2007/ 02/ 26 (月) 22: 55: 39 | URL | Wakakoさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) FLORIDA 徒然記 → 気がつけば @ アメリカ ~ ★ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。