FLORIDA 徒然記 → 気がつけば @ アメリカ ~ ★
アメリカ南部、フロリダに移住して、はや15年めに突入!”Made in Japan”の独断と偏見にみちた独り言をお届けします。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

ただならぬ月と思ひて十三夜!
2006年 11月 08日 (水) 00:01 | 編集

20061107134119.jpg



娘が小さいときからだから、毎週金曜の晩は、Girls' Nightと称して、娘と私と二人だけで、女の子だけの楽しみを一緒にすることにしている

その楽しみとは、時に、お化粧の練習であったり、マニキュアやペディキュアフェイシャルマスクやら、新しいヘアースタイルのつくり方、あるいは、洒落たレストランアイスクリーム屋に出かけたり、面白い映画をレンタルして見たり。。。

でも、先週の金曜日は彼女、大親友から初めてのパジャマパーティーのお誘いがきて、娘は友達のうちにいそいそとお泊りに

そりゃ、そうだよね、中年のオバはんよりは、同年代の女友達の方が楽しいに決まってるわな

とういわけで、ダンナも夜勤で家にいないし、ぽつねんと、花の金曜日に家にひとり、取り残されるなめになった

娘がいなければもっと時間を有効に使えるのにといつも思っている割には、いざ、それが起こると、はて、どうやって時間を潰したらよいのやら?????

かえって、手持ち無沙汰で、何もやる気がおこらない。

というわけで、これまた、一人だけでは、きちんとした夕飯を作る気にもならず、フリーザーから、半分残っていた枝豆の袋を出してきて、電子レンジでチン。

お茶をいれて、さて、外にあるデッキで食べようかと、ドアをあけて一歩出たとたん、真っ暗なはずのあたりがぼーっと青白い

はっと空をみあげれば、大きな月がこちらをのぞいていた。

梓の小鳥さんの記事をみるまで気づかなかったけど、この晩の月は十三夜

日本では、縄文時代から、月をめでるという習慣があったらしい。

中国では唐の時代にはすでに十五夜の月見が行われていたそうだが、これが平安時代に日本で取り入れられ、貴族の間で観月の宴として広まった。

さて、中秋の名月(十五夜)の月見は中国でも行われているが、この、十三夜の月見は日本独特のもの

宇多法皇が、九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとも、醍醐天皇の時代(延喜十九年:西暦919年)に開かれた観月の宴が風習化したものともいわれている。

この十三夜の始まりをみても、日本はいかに海外の流行に敏感であるか、感じ取れる。

さらには、その海外の流行をいち早く取り入れて、それを日本風にアレンジするという日本人の柔軟な姿勢も、これまた良い。

さて、欧米では、満月の夜には、狼男やドラキュラ伯爵が闊歩するという、美しい月と乱心とが深くつながりあるよう。

しかし、日本では、かぐや姫のそれに見るように、幻影的な繊細な美意識が感じられる。

さて、十三夜は別名、豆名月、栗名月とも呼ばれ、枝豆や栗をお供えにあげるそう。

そういえば、スーパーの棚にも、そろそろ、栗が出始めたこの頃。

忘れかけた日本人の感受性がどこかでオンになっていたのだろうか、この晩の冷凍の枝豆は美味しくいただいた。

話かわって、お月さまの中に見えるものは何か????

これって、日本だったら、当然、ウサギ

しかし、月の模様-赤い惑星:暦と星のお話・月のウサギ伝説によると、以下のとおり。

・日本(餅をつくうさぎ)
・カナダインディアン(バケツを運ぶ少女)
・北ヨーロッパ(本を読むおばあさん)
・南ヨーロッパ(大きなはさみのカニ)
・東ヨーロッパ(横向きの女性)
・バイキング(水をかつぐ男女)
・アラビア(吠えているライオン)
ドイツ(薪をかつぐ男)


さらには、アメリカ南部では、ワニに見立てるなんていうサイトもある。

あくまでも、アメリカ南部15年の私の経験からして、一度も、月のなかにワニが見えると言った方に、いまだ出会ったことはない。

今は亡き、Steve Irwinなら、こういうことを言っただろうか???

むしろ、このあたりに住む普通のアメリカ人に、月の中に見えるものはとたずねると????

アメリカ人って感受性が豊かでないのか、何も見えないと言う人が多い。

人の顔(man in the moon)という答えもあるが、まれ。

さて、どうでしょう、皆さん、ご当地で月の中に見えるモノ、当たってます???
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

Comment
この記事へのコメント
想像力
各国でいろんな見方があって、面白いですね。
ちなみに我が家のドイツ人に聞いてみたら、「男の人」とは言ってましたけど、、、想像力がないというか、なんというか。
ドイツ人はどちらかというと、月の模様が何に見えるかよりも、月にあるクレーターとか海の名前ひとつひとつを言えちゃう位な人達が多いのでは。
って、我が家のテディもその手の熊なので、そう思っちゃうんですけど。他の方はどう思います?
2006/ 11/ 08 (水) 04: 42: 36 | URL | busuke # -[ 編集 ]
こんばんは
はじめましてchachaさん 早速来てしまいました。
うちの相方にきいたところ『人の顔っていう人もいるけど、、別に何もない』という答えが返ってきました。。夢がないですね 『あ、うさぎが見えるー!』ってずっと眺めてたんだけど、私。 
祖父母の家で、庭側のカーテンをあけてお月様にお団子をお供えしてる光景を覚えてます。
2006/ 11/ 08 (水) 10: 26: 48 | URL | 天 # -[ 編集 ]
@ Busukeさん、

>ドイツ人はどちらかというと、月の模様が何に見えるかよりも、月にあるクレーターとか海の名前ひとつひとつを言えちゃう位な人達が多いのでは。

おー、さすが、賢いドイツ人ですね。そんなことまで、知っている。すごいね。

そうか、ドイツはやはり、人の顔に見立てるのね。ということは、サイトに書いてある、薪をかつぐ男というのはどこから来たのだ???って突っ込むのは、止めましょうね。(爆笑)

**************************

@ 天さん、

>祖父母の家で、庭側のカーテンをあけてお月様にお団子をお供えしてる光景を覚えてます。

そうですね、日本でもいまだに、こういうことをしている人っているのかしら。。。伝統は伝えたいけど、何分、最近の家族は忙しいからね。

>うちの相方にきいたところ『人の顔っていう人もいるけど、、別に何もない』という答えが返ってきました。。

やっぱり、うちのも、そうです。感受性に乏しいのは、アメリカ人ですね。(笑)
2006/ 11/ 08 (水) 12: 08: 06 | URL | Cha Cha # -[ 編集 ]
ガールズナイト
こんにちは、Cha chaさん、
お邪魔してます。
娘さんと一緒にガールズナイトは良いですよね。
娘さんもだんだんと、外に出て行くようになってこられるようだし、お母さんもお友達とお出かけはいかがですか?
なんか楽しそうで良いなあ。
2006/ 11/ 08 (水) 13: 40: 12 | URL | Salie # -[ 編集 ]
ふ~ん、国によって見方がこんなに違うとは知りませんでした。お勉強になりました。ありがとう!マレーシア人はどう見ているのだろう・・?
ところでChaChaさん、マイアミ・バレーってどの辺りのことを言うのですか?
2006/ 11/ 08 (水) 14: 00: 04 | URL | 暇人ひー # -[ 編集 ]
きれい!
cha cha さん、おはよう。
私の名を出して頂いて恐縮です!
フロリダのお月さまは大きいなぁ~。 撮り方もお上手。ホントにクッキリと綺麗に撮れてますね。
お嬢ちゃんにふられましたね?!
段々増えて行きますよ~~、覚悟は出来てる? なぁんて脅かして。 愛という繋がりがある限り大丈夫。 一人娘の母親想いは親が考える以上ですよ。私がそうだから・・・(思慕だけで何にも出来てないけど)(苦笑)

またお邪魔します。
2006/ 11/ 08 (水) 22: 30: 48 | URL | 梓の小鳥 # WARxrlg2[ 編集 ]
が!うちの旦那だけじゃなかったんですね、雲を見たって何の形にも見えないといか言うような人は。

ロールシャッハ(心理鑑定かなんかで使う左右対称で、インクを垂らしたような絵)を見ても「さぁ?」ですよ、想像すらしないし・・・

2006/ 11/ 09 (木) 06: 02: 01 | URL | ちゅらぴ # -[ 編集 ]
Salieさん、暇人ひーさん、梓の小鳥さん、ちゅらぴさん
@ Salieさん、

そうですね、娘も成長して、最近では家族よりお友達とすごすほうが楽しいようです。
ちょっと淋しい。

あ、でも、ほら、私達だって考えてみればこの年頃はお友達とおでかけのほうが、多かったかもね。ということは、こういうことを、我親も考えていたのか。。。

新しいCNAのお仕事、最初のころは慣れないで大変かもしれないけど、落ち着いてがんばれ。応援しているよ。きっとSalieさんならできるよ。

**************************

@ 暇人ひーさん、

マレーではお月見なんてないのかな。。。さて、そうそう、月にみえるものはなんでしょうね。。。

お尋ねの件、Miami Valleyというのは、たしかジョージアにある地名だけど、フロリダでは聞いたことないなぁ。フロリダはもともと、平らなところなので、山とか谷とかないのよ。答えられないで、ごめん。

**************************

@ 梓の小鳥さん、

はい、しっかり娘にはふられましたよ。そうそう、梓の小鳥さんは、こういうこと、経験済みなんでしょうね。なにせ、お嬢さん二人もいるから。。。

いればいるで自分の時間がないと嘆くくせに、いないと、ひとりぼっちでふてくされてます。とホホ。ウチは一人娘だからね、よけいにかしら。

**************************

@ ちゅらぴさん

やはり、そうでしょ、アメリカ人というより、だんせいだからか???

ウチのダンナもそうです。想像力がないというか。。。その点、私の想像力はありすぎで、いつも、私のこと、ヘンなこと言っているとおもっているようです。
2006/ 11/ 09 (木) 06: 47: 39 | URL | Cha Cha # -[ 編集 ]
どうもありがとう!
2006/ 11/ 09 (木) 16: 03: 24 | URL | 暇人ひー # -[ 編集 ]
cha cha さん、こんばんは。
>>>日本では、縄文時代から、月をめでるという習慣があったらしい

わぁ~、そんなに古くからあったんですね。 自然を愛する気持ちっていうのは今も変わりませんよね、日本人は。

ところでラッセル・ピーターズ、お気に召して頂いてご紹介したかいがありました。

>>>いればいるで自分の時間がないと嘆くくせに、

私も同じですよ!

>>>いないと、ひとりぼっちでふてくされてます

これから暫くはラッセル・ピーターズで笑いこけましょ、秋の夜長を!
2006/ 11/ 10 (金) 12: 10: 01 | URL | 梓の小鳥 # WARxrlg2[ 編集 ]
はいはいはいは~いはい(^0^)/
日本では、ウサギ!?って言いますよね?!シスコに住んでる時はかにさんに見えてました!わたしだけ~?
2006/ 11/ 10 (金) 23: 55: 26 | URL | mariacchi # -[ 編集 ]
梓の小鳥さん、Mariacchiさん
@ 梓の小鳥さん

Russel Peters、面白くて、モニターの前で、笑ってしまいましたよ。教えてくれて、ありがとう。

**************************
@ Mariacchi

かにさんですか。そういえば、南ヨーロッパは大きなハサミのついたかにだったよね。


2006/ 11/ 11 (土) 20: 36: 38 | URL | Cha Cha # -[ 編集 ]
月の中に見えるものが色々各国では違うのがとても面白いですよね。
こちらではMan in the moonとしか云わないと思っていましたが、そうなんですか、ワニねェ。
どの国のもそれぞれお話があって、楽しいですねェ。
私自身ではどれも何だか当てはまらないように思うのは、自分がどうやら夢の無い人間の気分になってしまいましたが、こういう人種の感受性の違いや文化や思考の表れが比べられる夢のある情報を知るという事はとても興味深いものがあります。
楽しい情報をありがとう。
これからも月を見上げるのがまた楽しみになりましたよ。
2006/ 11/ 12 (日) 02: 08: 36 | URL | フロリダの風 # B1S06g7Q[ 編集 ]
わー素敵な写真。
同じ月なのに各国での見え方が違うのってほんとおもしろい!!
2006/ 11/ 12 (日) 22: 40: 26 | URL | yume # -[ 編集 ]
金曜日は母娘でgirls night。素敵ですね~。私もそういう粋なことをしてあげられる親になりたい…と思わされました。

月ってとっても不思議ですね。いろいろな場所でいろいろな形に見える月の表面…。人の顔だよ…って昔言われたことがあるけど、確かにそう見えたような…。
2006/ 11/ 13 (月) 07: 23: 19 | URL | Bambina # -[ 編集 ]
フロリダの風さん、yumeさん、Bambina さん
@ フロリダの風さん、

ええ、とあるサイトによると、アメリカ南部ではワニと見立てるとありまして、これ、私、アメリカ南部15年ですが、今まできいたことないですね。

他人のサイトのことを否定するのも悪いとおもって、リンクは入れませんでしたが、まぁ、この南部も広いですから、どこかではワニなんていっているところもあるかもしれませんが。

私は兎でしょうかね。やっぱり、日本人の感覚のほうが強いのかな、それとも、兎のついているお餅のほうが、気になるのか(爆笑)。

**************************

@ yumeさん、

あら、今、日本でしたよね。どうですか、久々の日本、たっぷり、楽しんでいらっしゃい。。Taiga君、風邪ひかないよう、がんばってね。

**************************

@ Bambina さん

そうなんですよ、昔から、ダンナの夜勤のせいで、どちらかというと、週末の夜は娘と二人きりという状態が多いんです。

で、暇つぶしに、二人で始めたんですよ。お金もかからないしね。ウチラのビンボー家族には、ピッタリですね。(笑)結構、楽しいです。
2006/ 11/ 13 (月) 09: 23: 35 | URL | # -[ 編集 ]
ChaChaさん、おはよう♪

アメリカ人の旦那と旦那の両親曰く・・・
月はチーズで出来ているそうです(笑。
2006/ 11/ 13 (月) 22: 20: 51 | URL | ゆにくあ # jvxo8ILk[ 編集 ]
@ ゆにくあさん
爆笑、そうか、月はチーズでね。それにしても、ダンナだけでなく、ダンナの両親まで???

面白い家族、持ってるのねー。
2006/ 11/ 14 (火) 03: 31: 18 | URL | Cha Cha # -[ 編集 ]
うちの夫も月に想いを馳せる・・ってタイプじゃなくて何も見えないって人ですねぇ。

それにしても国によって違いはあっても動物とか人に見えるのね~、皆。

アジアやアフリカや南米ではどうなんでしょうね、ヨーロッパ諸国以外は? 
なぁんて、興味が湧いてきました、cha chaさんのお陰で!
2006/ 11/ 14 (火) 04: 55: 26 | URL | 梓の小鳥 # WARxrlg2[ 編集 ]
スウェーデンも「月の男」らしいです。
どういう格好してるの?と聞いても無駄でした。見えてないみたい???
2006/ 12/ 11 (月) 08: 18: 58 | URL | minako # -[ 編集 ]
Minakoさんへ
やっぱり、北欧も月の男ですか。。。でも、実際には、見えてない。。。ははは、これは面白いね。

やはり、感受性の問題でしょうか。
2006/ 12/ 12 (火) 07: 28: 31 | URL | Minakoさんへ # o7yZsQF6[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) FLORIDA 徒然記 → 気がつけば @ アメリカ ~ ★ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。