FLORIDA 徒然記 → 気がつけば @ アメリカ ~ ★
アメリカ南部、フロリダに移住して、はや15年めに突入!”Made in Japan”の独断と偏見にみちた独り言をお届けします。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

なぜに現金??
2006年 11月 29日 (水) 00:01 | 編集
永遠に続くと良い、と思ったバケーションから、無事、戻ってまいりました。

美味しい物を食べ放題、楽しいショーは毎日、家事は一切なし。のんびりバケーションタイムの頭を、普通の主婦の時間に戻すのは容易なことではありません。

やっと今、山のような洗濯物を片付け、シンクにどんどん貯まっていく汚れたお皿を洗いながら、1週間のバケーションというのがどんなに短いものか、痛感しております。

先週の土曜日に寄航、翌日曜日には荷物も片付かないまま、家族の希望により、クリスマスツリーを飾る始末。我が家では感謝祭後、最初の週末にツリーを飾るのが恒例。

おかげで、我が家の狭いリビングルームは、旅行の荷物、お土産、クリスマスのプレゼントがそこここに散らかり、主婦の仕事の重大さが身にしみております

お土産で大きなスーツケースを膨らませるより、毎日私たちの部屋を整えてくれたハウスキーピングの一人でも、スーツケースに閉じ込めて家に連れてこられたらよかったのでは????

というわけで、いまだ写真の整理もついておらず、今日は旅行とはぜんぜん関係のない、先々週の出来事で勘弁。




フロリダのこの町は避寒地であり、夏と冬の人口を比べると冬のほうがはるかに多い。

だから、この小さな町の商店やガソリンスタンドは、冬の間、北部から暖を求めてやってくる、定年退職した小金もちの老人で、あふれるほどだ。

冬場だけアメリカ北部から南部に避寒に来るこういった人々をSnowbird(渡り鳥)と呼ぶ。

さて、週末でもないのに、やたら込み合ったWalmartでの買い物をやっと済ませ、帰りがけに、同じくWalmartの敷地にあるガソリンスタンドへ寄った。

ここも、まだ午前中なのに、すでに列ができるほど混んでいる。

列に並ばなければならないのは気がひけたが、幸いにも2番目につけたので、我慢して待つことにした。

私の前でガソリンをポンプしていたのは、小奇麗な黒人の男性老人。粋な帽子までかぶって、ピシッとアイロンの当てられたシャツとパンツで、まるで、このままゴルフにでも出かけられそうな出で立ちである。

ガソリンのポンプの横に立って、この黒人男性となにやら会話を交わしている白人の男性が目に入る。

この白人の男性、多分、40代くらいか。汚いとは言えないが、色のあせて伸びたTシャツ、くたびれたジーンズ、少し汚れたスニーカー。

白人男性が、一方的に黒人男性に話かけているように見えないこともない。

身奇麗な黒人老人と、くたびれた格好の白人の中年、へんなコンビだ。

この時、なぜか私にはこの二人が一緒にいると思えたのだが、黒人男性はガソリンを入れ終わると、さっさと一人で車に乗り込み、行ってしまった。

その場に取り残される白人男性。

はて、あの二人は一緒ではなかったのか?

まだポンプのところでうろうろしている男性を見て、一瞬、嫌な予感。しかし、すでに後ろには列ができていて、前方に向けて進むしかない。

しかたなく、ポンプで車を止めて、なるべく男性とは目線を合わせないよう車から出るやいなや、男性が私に話しかけてきた。

「失礼ですが、お願いがあるんですが。」

けっして、無礼だったわけではない。むしろ、丁寧すぎるほどだ

「このカードであなたがガソリンを買って、その買った分を現金で私にくれないでしょうか。」

見ると、彼はWalmartのギフトカードを手にしている。

あまりに唐突な質問に答える言葉もなく立ち尽くす私に、ダメ押しのように、彼が付け加えた。

「あなたの前でポンプしていた男性も、私に協力してくれました。」

黒人男性が払ったのか、20ドル札が何枚も、彼の手の中にしっかりと握られている。しかし、実際、彼らがお金のやり取りをしているところを私は見なかった。

そんなことをぼんやり思っていると、突然、良い答えが見つかった。

「私、今、現金をもっていないの。実は、このガソリンも自分のカードで払うつもりだったのよ。」

最初のセンテンスを聞くやいなや、彼は無言で、スーッと、大股で隣のポンプに歩きだした。

頼む時には丁寧な割には、去るのは迅速。

給油をしながら見ていると、この男性、隣のポンプに並んでいるトラックに乗った男性に話かけている。どうやら、同じことを頼んでいるらしい。

この男性もどうやら、同意しなかったらしい。次から次にポンプをはしごして、そこらにいる人に現金を頼む白人男性。

ガソリンスタンドを後にしながら、しばし、考える。

そもそも、なぜ、この男性はカードを自分で使わないのだ???

商品券等をもらったときに往々にしてありがちなのだが、たとえば、使える店が近くに無いなら納得できる。

しかし、同じWalmartの敷地内で、目に見えるところの距離にある店に行けない理由があるだろうか???

さらに、天下のWalmartと言えば、日用雑貨から食料品、はては電化製品まで買えるではないか。

まさか、ギフトカードで買える品物が一品もみつからなかったわけではあるまい。

それに、いったい、あのギフトカードにはいくらくらいの価値があったのだろうか???

彼の言ったような協力者の存在を否定することはできない。だから、彼の手にはすでに、20ドル札が5枚ほど握られていたとも考えられる。

オイオイ、キミ、ソコニモッテイルダケデモ、100ドルダヨ。。。ウチナンテ、サイフニ3ドルシカハイッテナイコトノホウガ、オオイノニ。。。

しかし、すでに他人が協力してカードを使ってくれたなら、カードには残高なんて残っていないのではないか???

最近はガソリン代も高いから、一回マンタンにするには、乗用車だって40ドルに近い。

あるいは、彼のカードはそんなに高い価値だったのか????

ナンビャクドルトカ???オイ、ソンナコウカナギフトカード、ウチナンテ、イチドモ、テニシタコトモナイゾ。。。

そして、なぜに現金なのか???

ギフトカードを手に持っていて、お金に困っているわけはないだろう。

現金でしか買えないものを、急いで、買わなければならない理由があるのだろうか???とすれば、それは一体、何だろう???

そういえば、去年のクリスマスあたりに1ドルをたかられたのも、このガソリンスタンドだった。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

スポンサーサイト
Happy Thanksgiving!
2006年 11月 22日 (水) 00:01 | 編集




アメリカでは毎年、11月の第4木曜日は感謝祭。

この日から、クリスマスをすぎ新年まで、一気にホリディーシーズンの開幕となります。ショッピングやら、行事やら、目白押し。もう息つく暇もないというのは、このこと。

今週は感謝祭の週ということもあり、一家で休暇にでかけています。

つきましては、コメントの更新、遅れますので申し訳ありません。けっして、病気でダウンとかではないので、ご心配ないように。

さて、休暇って???

実は、クルーズにでかけております。

あら、いつも、ビンボーって言っているのに、クルーズなんていけるわけ????田舎者だし、もしかして、こんな船にのってるんでは????







いえ、違います。実は、こんな感じ。




glory.jpg




Carnival社のGloryという客船でメキシコ方面、コズメル、コスタマヤ、ベリーズ、バハマを7日で回っています。

この船はCarnival社の保持する旅客船の中でも最大級で、客がアクセスできるデッキだけでも13階。

でもね、実はもっと階があるらしい。というのは、前回、なぜか、間違えた階段を下りたら、船員達だけがアクセスできる階にはまってしまったことがあるし。。。気がついたら、そこは、上の客用の階とはまったく違う世界。

さて、デッキプランを見ていて、面白いことに気づきました。12階から14階に一気に跳んでいて、13階がないんです。

glory_decks.jpg



日本では、4や9が、「死」や「苦」につながるとして嫌われていますが、欧米では13は不吉な数として、嫌われています。

ちなみに、triskaidekaphobiaは心理学の言葉で13恐怖症。必要以上に4を嫌うのは、tetraphobia。

単なる数字なのに、そこまで真剣に嫌がる人っているのでしょうか???

いずれにせよ、縁起を担ぐ人はどこでも多いんでしょうね。

縁起といえば、ウチの娘はラッキーアンダーウェア(縁起のよい下着?)というのがあって、これをテストのある日にははいて行きます。だから、洗濯をしてなかったりして、汚れ物の洗濯かごにはいっていたりすると、トンでもないことになります。

さて、クルーズの話は、帰り次第、ぼちぼち、アップしますので、お楽しみに。

ちなみに去年のクルーズのお話はこちら。

コスタマヤ印象
人生の取り組み方

アメリカの皆さん、美味しいものを食べきれないほど食べて、昼寝、がんばってくだされいね。

さて、アメリカといえば、パイですね。このπではありません。食べるパイです。

アメリカ南部では、かぼちゃのパンプキン、サツマイモのスイートポテトパイ、あるいは、ナッツのペカンパイなんていうのがありますね。

ジョージアはペカンの産地で有名ですが、このぺカンパイ、中身はナッツとお砂糖もたっぷり、一切れ食べただけで5キロくらい太りそうです。

私の好きなのは、あったかいアップルパイにバニラアイスクリーム。皆さんの大好きなパイはどれですか。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

まだまだ、夏野菜?
2006年 11月 15日 (水) 00:01 | 編集

20061104065731.jpg



夏時間も終わり、11月になり、北半球の各地ではすでに雪が降り始めているというこの時期。

フロリダの我が家の家庭菜園は、シーズン終わりに近づいているけど、まだまだ、健在。

今日は面白いものを発見。オクラが二つくっついてる。なんで、こういうのが、できるのかな。

昨年はトマトが出来すぎるくらい出来て、大きなお鍋でトマトソースができるくらい採れたんだけど、今年はシーズン始めに、ほとんどの苗が病気にやられて不作。

元気だった苗をプランターに移して、その少しだけ残っているトマトがやっと赤くなってきた。これは、ローマトマトという品種。

20061104065709.jpg



アメリカのナスは丸くて大きいんだけど、こちらはWalmartで春に売っていた日本種のナス苗を育てたもの。これが今年はすごくよくできた。8ヶ月くらい実をもち続けている。

20061104072049.jpg



ホットペッパーのアナハイムは種から育てた。お店で買うのはもっと辛いのに、なぜか、ウチでできたのは、しし唐くらいの辛さ。やはり、水とか土が違うと、同じ品種でも、味が変わってくるのかな。

20061104065718.jpg



暑い夏は、水やり、雑草とり、虫除けとか肥料やりと、手間ひまかかるんだけど、やっぱり、自分んちでとれた野菜は、お店のより味があって美味しい。

こうやって手間と暇をかけたからなのか???植物が育つのを見る喜びは、どこか、子育てと似てるね。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

ただならぬ月と思ひて十三夜!
2006年 11月 08日 (水) 00:01 | 編集

20061107134119.jpg



娘が小さいときからだから、毎週金曜の晩は、Girls' Nightと称して、娘と私と二人だけで、女の子だけの楽しみを一緒にすることにしている

その楽しみとは、時に、お化粧の練習であったり、マニキュアやペディキュアフェイシャルマスクやら、新しいヘアースタイルのつくり方、あるいは、洒落たレストランアイスクリーム屋に出かけたり、面白い映画をレンタルして見たり。。。

でも、先週の金曜日は彼女、大親友から初めてのパジャマパーティーのお誘いがきて、娘は友達のうちにいそいそとお泊りに

そりゃ、そうだよね、中年のオバはんよりは、同年代の女友達の方が楽しいに決まってるわな

とういわけで、ダンナも夜勤で家にいないし、ぽつねんと、花の金曜日に家にひとり、取り残されるなめになった

娘がいなければもっと時間を有効に使えるのにといつも思っている割には、いざ、それが起こると、はて、どうやって時間を潰したらよいのやら?????

かえって、手持ち無沙汰で、何もやる気がおこらない。

というわけで、これまた、一人だけでは、きちんとした夕飯を作る気にもならず、フリーザーから、半分残っていた枝豆の袋を出してきて、電子レンジでチン。

お茶をいれて、さて、外にあるデッキで食べようかと、ドアをあけて一歩出たとたん、真っ暗なはずのあたりがぼーっと青白い

はっと空をみあげれば、大きな月がこちらをのぞいていた。

梓の小鳥さんの記事をみるまで気づかなかったけど、この晩の月は十三夜

日本では、縄文時代から、月をめでるという習慣があったらしい。

中国では唐の時代にはすでに十五夜の月見が行われていたそうだが、これが平安時代に日本で取り入れられ、貴族の間で観月の宴として広まった。

さて、中秋の名月(十五夜)の月見は中国でも行われているが、この、十三夜の月見は日本独特のもの

宇多法皇が、九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとも、醍醐天皇の時代(延喜十九年:西暦919年)に開かれた観月の宴が風習化したものともいわれている。

この十三夜の始まりをみても、日本はいかに海外の流行に敏感であるか、感じ取れる。

さらには、その海外の流行をいち早く取り入れて、それを日本風にアレンジするという日本人の柔軟な姿勢も、これまた良い。

さて、欧米では、満月の夜には、狼男やドラキュラ伯爵が闊歩するという、美しい月と乱心とが深くつながりあるよう。

しかし、日本では、かぐや姫のそれに見るように、幻影的な繊細な美意識が感じられる。

さて、十三夜は別名、豆名月、栗名月とも呼ばれ、枝豆や栗をお供えにあげるそう。

そういえば、スーパーの棚にも、そろそろ、栗が出始めたこの頃。

忘れかけた日本人の感受性がどこかでオンになっていたのだろうか、この晩の冷凍の枝豆は美味しくいただいた。

話かわって、お月さまの中に見えるものは何か????

これって、日本だったら、当然、ウサギ

しかし、月の模様-赤い惑星:暦と星のお話・月のウサギ伝説によると、以下のとおり。

・日本(餅をつくうさぎ)
・カナダインディアン(バケツを運ぶ少女)
・北ヨーロッパ(本を読むおばあさん)
・南ヨーロッパ(大きなはさみのカニ)
・東ヨーロッパ(横向きの女性)
・バイキング(水をかつぐ男女)
・アラビア(吠えているライオン)
ドイツ(薪をかつぐ男)


さらには、アメリカ南部では、ワニに見立てるなんていうサイトもある。

あくまでも、アメリカ南部15年の私の経験からして、一度も、月のなかにワニが見えると言った方に、いまだ出会ったことはない。

今は亡き、Steve Irwinなら、こういうことを言っただろうか???

むしろ、このあたりに住む普通のアメリカ人に、月の中に見えるものはとたずねると????

アメリカ人って感受性が豊かでないのか、何も見えないと言う人が多い。

人の顔(man in the moon)という答えもあるが、まれ。

さて、どうでしょう、皆さん、ご当地で月の中に見えるモノ、当たってます???
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

オーバータイムは払ってもらえますよね???
2006年 11月 01日 (水) 00:01 | 編集

Time_Zone_map.jpg




この日曜日、アメリカでは、デイライトセイヴィングタイム(夏時間)が終わった。

ウチでは、前夜の土曜日の夜にベッドに行く前に、家中の時計をすべて1時間巻き戻してしまうのだが、正確には日曜の早朝の2時に、このことは起こるらしい。

つまり、早朝の2時になると時間は強制的に1時間もどり、また早朝の1時に戻るわけだ。

ということは、この早朝の1時間、1時から2時まで時間をダブルでこなすわけではないか????

たとえばGraveyard Shift(深夜勤務)の人はどうなるわけ???

世の中では24時間体制で働いている人がいるわけで、警察、警備、消防、救急医療、あるいは、ミリタリーとか、こういう人の中には、夜の11時頃から朝の7時頃まで働く人が毎晩いる。

こういった人達は、このデイライトセイヴィングタイムの終わる日には、普段の勤務時間、プラス、ダブった早朝の1時間で勤務をこなすわけ????

オーバータイムって払われるのだろうか???

上の図を見てもらうとわかるのだが、フロリダは縦に長い州なので絶対ひとつの時間帯だと思っていたら、実は北部にある横長の部分には二つの時間帯がある。

これは面白い。ということは、アパラチコーラの人が、パナマシティーに住む人に電話したら、同じフロリダ州にいながら1時間のずれがあるわけ。

Busukeさんがドイツから書いてるように、ヨーロッパでも夏時間、冬時間というのは行われてる。

しかし、このデイライトセイヴィングタイム、アメリカ本国でもアリゾナとハワイ、アメリカ領土ではプエルトリコ、ヴァージンアイランド、サモア諸島、グアムでは行われていないらしい。

このあたりの居住者の方、これって本当????

さて、日曜の朝は時間がもどったおかげで、本当なら1時間余裕で眠れるはずだったのに、やはり体が覚えているのだろうか、しっかり、普通に起きる時間、つまり1時間早く起きてしまって、なんか、損した気分。

おかげで夜はすでにエネルギー切れ、しっかり10時くらいには眠くなっている。でも、これって夏時間の11時だから、普通にベッドに入る時間だったりして、これまた、ただいま、体内時計の調整中

日曜は一日24時間ならぬ25時間で、頭はボーっとしてるし疲れた感じで、たかが1時間のズレでまさか時差ボケになってるワケ???

ちなみにもっと怖いのは、来年の春、夏時間が始まるのは、例年より3週間も早い、3月の第2日曜から始まるらしい。つまり2007年3月11日。

そして、もっともっと怖いのは、夏時間の終わりもこれまた延長。今までの10月から11月の第1日曜ということで、2007年11月4日。

省エネもよいが、これじゃ、1年のうち4分の3くらい夏時間になってるじゃん????

これって、フロリダみたいに常夏のところはよいけど、はっきり行って、10月ころからが降ったり、4月でも平気でが降るようなところに住んでいる人にはどんなもんだ???

夏でもないのに、夏時間???
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

copyright (C) FLORIDA 徒然記 → 気がつけば @ アメリカ ~ ★ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。