FLORIDA 徒然記 → 気がつけば @ アメリカ ~ ★
アメリカ南部、フロリダに移住して、はや15年めに突入!”Made in Japan”の独断と偏見にみちた独り言をお届けします。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

下心とバレンタイン???
2007年 02月 14日 (水) 00:01 | 編集
「ねぇ、バレンタインに何をもらったの?」

5年ほど前、コミュニティーカレッジに通っていたときの話。バレンタインの次の日の授業でした。

アメリカのコミュニティーカレッジでは、中年以上の生徒も多いのですが、このクラスに限って、高校を卒業したばっかり子や、20代前半の女の子が特に多いクラスで、いつも、ギャル特有のキャピキャピした会話が耳にうるさいほどのクラスでした。

とりわけ、大騒ぎをいつもしていたのは、まだ19才のくせに、すでに2歳半の子供がいた女の子。

彼女と友達は、その日も、授業が始まる前に、前日のバレンタインにパートナーからもらったプレゼントについて盛り上がっていました。

ジュエリー、香水、花束、箱入りチョコレート、レストランでお食事、スペシャルデート、超巨大なぬいぐるみ。

「私、彼から何もらったと思う???」 

彼女が、ひときわ大きい声で友達の輪に聞いています。

婚約指輪???

だったらいいのにねーと、彼女は大きなため息まじり。よほど、もらったものが気に入らなかったのでしょう。

「私がもらったのはね、下着!!!」

あはははは。友達の輪で、大笑いと冷やかしがはじけました。

アメリカではこういう、まったく実用性のない女性用の下着が、比較的簡単に手に入ります。最近では、近所のウォールマートでもバレンタインの時期なので、手に入るくらい。

デザインに凝るとなると、Frederick's of HollywoodとかVictoria's Secretが有名です。

そこは、脚も長いし、子供がいるとは見えないほどスリムで、長身な彼女のこと、きっとモデルなみに見栄えがしたことでしょう。

でも、彼女は少し怒り気味。

「こんなプレゼント、私のためってくれたって、実は、絶対、彼のためよね。自分で喜ぶために買ったのよね。」

そもそも、バレンタインがパートナーの愛を確認する日であるのなら、こんなものをもらってもまったくおかしくないのではと、私はそのとき、思ったのです。

でも、彼女からしてみれば、ボーイフレンドの下心が丸見えといったとこだったのでしょうか。

バレンタインのプレゼントで、一番望まれているものは、「自分のことを、こんなに考えていてくれる」と思わせるプレゼントです。

高価なものでなくても、相手のことを考えたという、その気持ちが大切なんですね。

さて、皆さん、今までのバレンタインプレゼントで、嬉しかったもの、あるいは、ハズレのものは何でした??



おまけ:

DSC00635.jpg


DSC00633.jpg


DSC00634.jpg


中学生の娘が、お友達とのバレンタインの交換に選んだお菓子。ボーイフレンドにあげるのってきいたら、お友達って女の子だけなんですって。

なんか、色がスゴイよね。でも、一袋にこんなに入って1ドルだったのよ。安い、安い。お味はなかなか。

これに、お店で箱詰めにされて売っているバレンタインのカードをつけてあげるそう。。。で、娘の選んだのは、バックヤーディガンという幼児むけの番組のキャラクターでした。

そういう年でもないだろうにと思いきや、わざとこういうヘンなのを選んで、ウケを狙っているそうです。

backyardigan.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

スポンサーサイト
Happy Thanksgiving!
2006年 11月 22日 (水) 00:01 | 編集




アメリカでは毎年、11月の第4木曜日は感謝祭。

この日から、クリスマスをすぎ新年まで、一気にホリディーシーズンの開幕となります。ショッピングやら、行事やら、目白押し。もう息つく暇もないというのは、このこと。

今週は感謝祭の週ということもあり、一家で休暇にでかけています。

つきましては、コメントの更新、遅れますので申し訳ありません。けっして、病気でダウンとかではないので、ご心配ないように。

さて、休暇って???

実は、クルーズにでかけております。

あら、いつも、ビンボーって言っているのに、クルーズなんていけるわけ????田舎者だし、もしかして、こんな船にのってるんでは????







いえ、違います。実は、こんな感じ。




glory.jpg




Carnival社のGloryという客船でメキシコ方面、コズメル、コスタマヤ、ベリーズ、バハマを7日で回っています。

この船はCarnival社の保持する旅客船の中でも最大級で、客がアクセスできるデッキだけでも13階。

でもね、実はもっと階があるらしい。というのは、前回、なぜか、間違えた階段を下りたら、船員達だけがアクセスできる階にはまってしまったことがあるし。。。気がついたら、そこは、上の客用の階とはまったく違う世界。

さて、デッキプランを見ていて、面白いことに気づきました。12階から14階に一気に跳んでいて、13階がないんです。

glory_decks.jpg



日本では、4や9が、「死」や「苦」につながるとして嫌われていますが、欧米では13は不吉な数として、嫌われています。

ちなみに、triskaidekaphobiaは心理学の言葉で13恐怖症。必要以上に4を嫌うのは、tetraphobia。

単なる数字なのに、そこまで真剣に嫌がる人っているのでしょうか???

いずれにせよ、縁起を担ぐ人はどこでも多いんでしょうね。

縁起といえば、ウチの娘はラッキーアンダーウェア(縁起のよい下着?)というのがあって、これをテストのある日にははいて行きます。だから、洗濯をしてなかったりして、汚れ物の洗濯かごにはいっていたりすると、トンでもないことになります。

さて、クルーズの話は、帰り次第、ぼちぼち、アップしますので、お楽しみに。

ちなみに去年のクルーズのお話はこちら。

コスタマヤ印象
人生の取り組み方

アメリカの皆さん、美味しいものを食べきれないほど食べて、昼寝、がんばってくだされいね。

さて、アメリカといえば、パイですね。このπではありません。食べるパイです。

アメリカ南部では、かぼちゃのパンプキン、サツマイモのスイートポテトパイ、あるいは、ナッツのペカンパイなんていうのがありますね。

ジョージアはペカンの産地で有名ですが、このぺカンパイ、中身はナッツとお砂糖もたっぷり、一切れ食べただけで5キロくらい太りそうです。

私の好きなのは、あったかいアップルパイにバニラアイスクリーム。皆さんの大好きなパイはどれですか。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

ただならぬ月と思ひて十三夜!
2006年 11月 08日 (水) 00:01 | 編集

20061107134119.jpg



娘が小さいときからだから、毎週金曜の晩は、Girls' Nightと称して、娘と私と二人だけで、女の子だけの楽しみを一緒にすることにしている

その楽しみとは、時に、お化粧の練習であったり、マニキュアやペディキュアフェイシャルマスクやら、新しいヘアースタイルのつくり方、あるいは、洒落たレストランアイスクリーム屋に出かけたり、面白い映画をレンタルして見たり。。。

でも、先週の金曜日は彼女、大親友から初めてのパジャマパーティーのお誘いがきて、娘は友達のうちにいそいそとお泊りに

そりゃ、そうだよね、中年のオバはんよりは、同年代の女友達の方が楽しいに決まってるわな

とういわけで、ダンナも夜勤で家にいないし、ぽつねんと、花の金曜日に家にひとり、取り残されるなめになった

娘がいなければもっと時間を有効に使えるのにといつも思っている割には、いざ、それが起こると、はて、どうやって時間を潰したらよいのやら?????

かえって、手持ち無沙汰で、何もやる気がおこらない。

というわけで、これまた、一人だけでは、きちんとした夕飯を作る気にもならず、フリーザーから、半分残っていた枝豆の袋を出してきて、電子レンジでチン。

お茶をいれて、さて、外にあるデッキで食べようかと、ドアをあけて一歩出たとたん、真っ暗なはずのあたりがぼーっと青白い

はっと空をみあげれば、大きな月がこちらをのぞいていた。

梓の小鳥さんの記事をみるまで気づかなかったけど、この晩の月は十三夜

日本では、縄文時代から、月をめでるという習慣があったらしい。

中国では唐の時代にはすでに十五夜の月見が行われていたそうだが、これが平安時代に日本で取り入れられ、貴族の間で観月の宴として広まった。

さて、中秋の名月(十五夜)の月見は中国でも行われているが、この、十三夜の月見は日本独特のもの

宇多法皇が、九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとも、醍醐天皇の時代(延喜十九年:西暦919年)に開かれた観月の宴が風習化したものともいわれている。

この十三夜の始まりをみても、日本はいかに海外の流行に敏感であるか、感じ取れる。

さらには、その海外の流行をいち早く取り入れて、それを日本風にアレンジするという日本人の柔軟な姿勢も、これまた良い。

さて、欧米では、満月の夜には、狼男やドラキュラ伯爵が闊歩するという、美しい月と乱心とが深くつながりあるよう。

しかし、日本では、かぐや姫のそれに見るように、幻影的な繊細な美意識が感じられる。

さて、十三夜は別名、豆名月、栗名月とも呼ばれ、枝豆や栗をお供えにあげるそう。

そういえば、スーパーの棚にも、そろそろ、栗が出始めたこの頃。

忘れかけた日本人の感受性がどこかでオンになっていたのだろうか、この晩の冷凍の枝豆は美味しくいただいた。

話かわって、お月さまの中に見えるものは何か????

これって、日本だったら、当然、ウサギ

しかし、月の模様-赤い惑星:暦と星のお話・月のウサギ伝説によると、以下のとおり。

・日本(餅をつくうさぎ)
・カナダインディアン(バケツを運ぶ少女)
・北ヨーロッパ(本を読むおばあさん)
・南ヨーロッパ(大きなはさみのカニ)
・東ヨーロッパ(横向きの女性)
・バイキング(水をかつぐ男女)
・アラビア(吠えているライオン)
ドイツ(薪をかつぐ男)


さらには、アメリカ南部では、ワニに見立てるなんていうサイトもある。

あくまでも、アメリカ南部15年の私の経験からして、一度も、月のなかにワニが見えると言った方に、いまだ出会ったことはない。

今は亡き、Steve Irwinなら、こういうことを言っただろうか???

むしろ、このあたりに住む普通のアメリカ人に、月の中に見えるものはとたずねると????

アメリカ人って感受性が豊かでないのか、何も見えないと言う人が多い。

人の顔(man in the moon)という答えもあるが、まれ。

さて、どうでしょう、皆さん、ご当地で月の中に見えるモノ、当たってます???
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

ここがヘンだよ、日本人
2006年 08月 31日 (木) 08:53 | 編集
昨年の夏に、一家で日本に1週間ほど、滞在。ダンナにとっては初めての日本。

ニューヨークとかならとにかく、フロリダのこのあたりでは、電車という公共の交通手段はない。初めての日本で、初めて乗る電車に喜ぶダンナ。

横浜の少し手前の駅で、二人づれの若い男性が乗車してきた。バンドでもやっているか、一人は肩にギターのケースをかけている。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

≫ "ここがヘンだよ、日本人" の続きを読む...
copyright (C) FLORIDA 徒然記 → 気がつけば @ アメリカ ~ ★ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。