FLORIDA 徒然記 → 気がつけば @ アメリカ ~ ★
アメリカ南部、フロリダに移住して、はや15年めに突入!”Made in Japan”の独断と偏見にみちた独り言をお届けします。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

バトン大会
2007年 03月 21日 (水) 00:01 | 編集



先週の土曜日、フロリダのデイトナビーチで、娘のバトンの大会がありました。

娘は、11歳・12歳の部門で、「ミス・サザンステート・スターレット」というのに初めて入賞。上の写真のトロフィーのひとつと、バナーがその記念品。

さらには、総合得点を競う部門では、娘の参加したレベルで最高得点賞をいただき、これまた、トロフィーをいただきました。

基本的なマーチングのみ入賞を逃しましたが、ソロの演技では3位。ファンシーストラットといわれる、バトンの技術とマーチングとダンスの技をミックスさせた演技では2位に入賞。合わせて、メダルを2つ、いただきました。

バトンの大会では、スポーツの競技だけではなく、モデル部門でも競いあい、個人の容姿、姿勢、性格でも、がんばらなくてはならないのです。

彼女の年齢の部門では、今回、15人以上の女子が参加。一番、参加者が多いグループでした。

このモデリング、お化粧やヘアースタイルも重要なポイントです。ジャッジ受けするのは、こんな感じのバービー人形風のウェーブのかかった髪型です。

1988.gif


モデリングの始まる前は、皆さん、頭いっぱいに大きめのホットカーラーをまきつけてフロアーをウロウロ。

さて、この子供達の着ているドレスが、これまた、すごい。それこそ、バービー人形か、「風と共に去りぬ」にでも出てきそうな、いわゆる大きめでフワフワとした床まであるスカートのドレスです。

18209-02-b.jpg


お値段、ざらに、400ドル以上。

アイテテテ、とっても、ウチのような専業主婦のビンボー家庭には手が出せるような代物ではない。。。。

幸いにも、去年、アメリカでは有名なオークションサイトのeBayで、同じようなドレスが、郵送料も込みで、100ドルで手に入りました。

実は、100ドルでも痛かったのだけど。

やっぱり、娘が大会に参加するとなれば、支度をしてあげたいのも親心。中古だけど、4分の一のお値段。それこそ、清水の舞台から飛び降りる気分で、がんばりました。

そのがんばった分、娘は今回、堂々の3位。15人を相手にですから、娘もよくがんばりました。とこらでも、小さめのトロフィーを一つ、いただきました。

コスチュームモデリングは、これまた、eBayで購入したコスチュームで3位に入賞、メダルを獲得。

大会と入賞式がひけたのは、なんと、夜の10時半を過ぎてました。それから、3時間近くかけて、やっと、我が家に着いたら、朝の1時を回ってました。

朝はまだ、外も真っ暗の6時に家を出たので、すごい、長い1日でした。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

スポンサーサイト
爆破予告???
2007年 03月 07日 (水) 00:01 | 編集
「今日はね、学校が爆破されるっていう予告があって、授業は2時間しかなかったんだよ」。

1ヶ月くらい前のこと。娘がバスから降りてくるなり、ウキウキ。

「爆破予告」っていうのは、ちょっと大げさと思いきや、次の朝、しっかりローカルの新聞には出ていた。

「午後の1時に某中学校が爆発する」という内容の電話が、その朝、緊急指令部の911(日本の110番と同様)にかかってきた。

警察が学校に呼ばれ、生徒は屋外に全員避難、捜査開始。

数時間後、その中学校の14歳の男子学生が虚偽の通報をケータイからしたことが判明、生徒は逮捕され、一件落着。

この学生、体育の授業をさぼって学校を抜け出したかったらしい。まぁ、こういうことは子供なら、一度は誰でも思うかな。

しかし、ここからが先が、ちょっと????

この学生、堂々と友達の前で、それも授業中にこの電話をかけたらしい。(おいおい、なんで、先生が気づかないのだ???)

自分のケータイから足がついたらまずいということで、ケータイを友達の女生徒に隠しもっててくれと頼んだ。

もし、警察から事情を聞かれたら、「ケータイは盗まれているので、電話をしたのは自分ではない」ということを主張。

当然、子供の理屈からすれば、完璧な計画だった???

生徒の中には電話をしているところを目撃している子もいる。

「電話しちゃったよー」と彼が自慢気に話しているのを聞いた子もいるわけだ。

捜査が始まって、そういう証言が生徒から出たらしい。もちろん、少女が隠していたケータイも発見された。

そのケータイの送信記録から911が出てくて、この学生は見事に、少年院送りで一件落着。

この朝はとても冷え込みが強く、フロリダの我が家でもマイナス3度まで下がった。それにもかかわらず、屋外に避難させられた生徒。

娘は幸いにも厚めのジャケットを着ていたので良かった。フロリダではどんなに寒くても、軽いジャケットしか着ていない子も多いし、はては、ジャケットなんて着ないで普通の格好(半そで、半パン)で学校に来る子もいるし。。。

結局、3時間も授業がつぶれて、屋外で好き勝手に友達とお話ができる自由時間ができたということから、文頭の娘の「ウキウキ」感。

今回はウソの通報でよかったが、簡単に爆弾を仕掛けたなんていうことを言ってしまうと、アメリカでは重罪にもなりかねない。

そもそも、私は、このケータイ隠しに協力した女子生徒についても疑問。

男子生徒がケータイは盗まれたと報告する気なんだから、そんなものを持っていたら自分がケータイ盗みの犯人扱いされるんじゃないか????

爆弾事件とは別に、ケータイ盗難事件に巻き込まれ、追求される恐れが大きい???

でも、この女子生徒が誰か聞いたら、納得。

実は、例の娘に喧嘩を吹っかけてきた子。やっぱり、彼女はサイコ。

今までにも娘の学校では、ワニがでたり囚人が逃げたから生徒が監禁状態になったり、今回の爆弾騒ぎもやっぱりアメリカ????

でもご安心を。各学校での避難訓練は、火災が6回、爆弾は4回、竜巻は4回、そして非常時の監禁訓練は2回、毎年されているそう。

しかし、やっぱ、アメリカ、子供のウソもでかい????

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

日米イジメ比較
2007年 01月 24日 (水) 00:01 | 編集
「何か、あったな。」

学校帰りのバスから降りてきた娘を見て、まず思ったこと。

どうやら、8年生の女の子と学校からのバスで口喧嘩になったらしい。

その女の子が、勝手にボーイフレンドときめつけている男の子がいて、その男の子が娘をハグしたところを彼女が目撃。

ハグと言ってもいやらしい感じのものではなく、さわやかにスポーツマン的なものだったらしいが、その女の子にすれば、私のボーイフレンドに手を出したということらしい。

娘にすれば、相手が勝手にハグをしてきただけで、彼のことを友達以外に思っていないし、ボーイフレンドだなんてまったく考えていないと主張。

彼女には言わなかったけど、この勝手にボーイフレンドにされちゃった男子生徒は女の子のことなんて好きじゃなくて、他の生徒には、かえってこの女子生徒の態度が迷惑だと話しているらしい。

「明日はアンタのこと、殴ってやるって言われた。」

口喧嘩はともかくとして、実際に手を出されるのはマズイ。

一応、娘の身の安全だけは確保したいので、明朝の登校はバスでなくて、私が学校まで送っていくかと相談。

娘曰く、それでは相手を避けてバスに乗らなかったみたいで、looser(負け犬)になったのがバレバレで嫌だと言う。

納得、バスに乗れないはずなのは娘ではなく、喧嘩を売った彼女のほうだ。非のない娘は堂々としていた方が良い。

でも、ここはアメリカ。最近では男子はもとより、女子の学校での暴力事件も増えているらしい。女の子同士で取っ組み合いの喧嘩で、被害者が病院まで行かなければならない怪我というパターンもあるくらい。

とりあえず、相手が先に手を出してきたときは自己防衛するように、娘に提案。

負けん気の娘のことである。決して、自分からは手をだしてはいけないということだけは、注意しておいたが、一旦、手を出されたときは本気でやるように。

決して暴力を賛成するわけではないし、むしろ、反対だ。しかし、ここで大事なのは、自分の身は自分で守れるようにと言う事である。

夕飯の後、娘は、Myspace(mixiの様なSNSの一つ)で友達とメールのやり取りをしていた。

どうやら数人の男子学生が、もしバスや学校内で取っ組み合いの喧嘩になったら、すぐこの二人を引き離してやるというのに協力してくれたそうだ。

何人か集まれば、二人を引き離せるかもしれない。とりあえず、大人が来るまで、時間を稼ぐのが目的である。

こういう時に持つべくものは、頼もしいボディーガードの男子学生。こういう陰のところで手を回す、娘にあっぱれ。

さて、次の朝、娘がバスに乗ってから、嫌な予感が頭をよぎって一日中、そわそわ。

今頃、殴り合いの喧嘩でぼこぼこにされているのではないか。
学校から、呼び出しの電話がかかってくるんではないか。

母親の心配、絶えず。。。

下校時間に、かすり傷ひとつなく、バスを降りてきた娘をみてホッとした。

どうやらバスのドライバーが先日のバスでのやりとりを聞いていたようだ。その日は生徒の座る場所が指定されていて、彼女はドライバーのすぐ後ろ、娘がバスの後部の席だったらしい。

最近、日本ではイジメ問題が深刻化していると聞く。イジメが原因で自殺にまで追いやられている子供がいると聞くのは、哀しいことである。

日本では、いじめられてる子供に見方する子供はいるのだろうか???

もしかしたら、助けたら、自分までイジメのとばっちりをうけるからと、引っ込んでいる子供の方が多いのかもしれない。

アメリカの子供は小さい頃からスーパーマン、バットマン、スパイダーマンと正義の味方のテレビ番組を見て育つから、正義感が強くて頼もしいのだろうか????

でも、こういう正義感の強い子が成長して政治家になった暁には、これまた、他国の争いに率先して鼻を突っ込むなんていう事にもなりかねない???
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

サンタはサタンか????
2006年 12月 20日 (水) 00:01 | 編集
アメリカ南部では、宗教、それも、キリスト教に深くのめりこんでいる家庭が多い話はハロウィーンの時も少しお話しましたが、今回は、こういう方々が、この時期にサンタクロースに対してどのような見方をしているのか書いて見ましょう。



例1

クリスマスとは、キリスト教の救世主のイエス・キリストの誕生を祝うものであり、キリスト教信者にとっては、特別で大切なお祝いである。

しかし、巷ではその本当の意味よりも、やれ、「サンタが来る」とか、「私はプレゼントには何が欲しい」とか、「美味しいものを食べてお酒を飲むパーティのようなもの」にしか見られておらず、商業的な意味でしかとらえられていない者が多い。

そもそも、S-A-N-T-A(サンタ)も、スペルを並び替えれば、S-A-T-A-N(悪魔)になる。

だからますます子供達は、サンタと彼のもたらすプレゼントに夢中になるばかりで、まったく、主、イエス様の誕生の意味なんて、考えないのだ。

サンタの存在は、子供達を惑わすために仕掛けられた、悪魔の罠である。

だから、子供達にサンタがいると信じこませるのは、止めたほうが良い。



例2

サンタは実際には存在しないのに、それが存在すると子供に言って信じさせるのは、子供相手に嘘をついて信じ込ませているのと同じだ。

日ごろは、子供に嘘をつかないようにと言っているのに、それに反するような言動を自分からするのは、真のクリスチャンとして、よくない。



まじめにこういうことを考えている信者もいるわけで。。。。

たしかに、どちらの考え方も一理ある。アメリカの最近のクリスマスの祝い方はあまりにも商業化しすぎて、私も賛成できないところもあるんだけど。。。

でもね、子供って、そもそも、夢を食べて育っているようなものではないでしょうか???

子供の時じゃないと、信じられないものとか、あると思うし。。。
大人の目からは見えない者っていると思うんだけど。。。


もちろん、もうすぐ12歳になる娘には、サンタはいないということは、
とっくにバレてます。

たしか、あれは、娘が10歳くらいだったか。ある日、学校から帰ってきた娘が、興奮したように、言いました。

「ママ、サンタさんって実はいないんだよ、知ってったっっ????」

もちろん、サンタがいないなんてことは、私はとっくに知っていましたが、毎年、サンタの存在にはそれは、時間をかけてきたわけですよ。(こりゃ、私。サンタは実は、ちょっと太目の中年の日本人女性???)

クリスマスの晩には、ちゃんと娘と一緒に、疲れたサンタさんを励ますように、クッキーとミルクも置いておいたし。。。(そのクッキーを食べたのは、私ですが、それがなにか??)

サンタさんのそりを引っ張るトナカイさんには、ちゃんと、その餌を庭にまいておいた。。。(これは、きっと、アライグマに食べられた。)

そして、煙突もない我が家にどうやってやって入ってくるのかは解りませんが、それでも、毎年、サンタはちゃんとやってきて、彼のためスペシャルに置かれたクッキーを食べて、その歯型の残った半分のクッキーはクリスマスの朝に残されているでは、ありませんか。。。。(もちろん、私の歯型だけど)

ここまで、存在の証拠がありながら、なぜに、ウチの子は、サンタはいないと突然、言い出すのか????

「クラスのお友達はね、みーんな(ここが、やけに強調されている)、サンタなんていないって言うんだよ。」

あら、そう。お友達のことは信じられても、お母さんの言うことは信じられないのね。娘もそういう年頃なわけだ。。。。

あぁ、これで、サンタの不存を隠さないでもよいという安堵と、サンタが存在しないということを知った今、これで、子供という一幕に彼女もピリオドを打ったんだなぁ、という複雑な淋しさ。

子供の成長を喜びながら、あぁ、もう、自分の赤ちゃんは、赤ちゃんではないのだという哀しさ。

親心というのは、なんとも、複雑。。。。




サンタを信じるか、信じないかは、それぞれの家庭の判断にお任せしますが、NORADでは、サンタの追跡がクリスマスの晩にできますよ。時差の関係で、アジアの方からサンタがやってくるのが、わかります。

http://www.noradsanta.org/index.php
norad.jpg

03_0.jpg




こちらは、いわゆる、「Cop」のパロディ。

飲酒運転のサンタさんが、警察に捕まってしまうというやつ。おまけに、トランクに隠されていたものは。。。




やっぱり、サンタはサタンか????

では、皆さん、よいクリスマスを!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へbanner2.gif ★☆↑↑★☆応援ありがとう。その一押しが、明日の励みにつながります。★☆↑↑★☆

★☆↓↓★☆コメントありがとう。その一言が、今日の元気につながります。★☆↓↓★☆

copyright (C) FLORIDA 徒然記 → 気がつけば @ アメリカ ~ ★ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。